神々の宿る国 日本|神社|八百万の神|神道|縁結び|パワースポット|家内安全|五穀豊穣|商売繁盛|安産祈願|金運アップ

走水神社(はしりみずじんじゃ)

■住所:横須賀市走水  地図

■公式HP; こちら

■創建; 不詳

■本殿の様式; 

■例祭; 10月15日

■御祭神; 日本武尊(やまとたけるのみこと)、弟橘姫命(おとたちばなひめ)

写真

■雑感

この日は激しい雨だった為、一度は翌日の早朝参拝にしようかと考えたが、到着するころには有り難くも雨が止んでいた。境内駐車場へは少し細い道を上るが普通車ならば問題なし。いつも通り、一旦鳥居まで戻って参拝させて頂く。手水舎で身を清め、拝殿へは少し階段を上る。その先数十メートル更に上ると神明社の鳥居がある。少し上がると、古代稲荷社後があり、ここに来た瞬間に、強烈な見えない力に体が反応した様に思う。

記紀の中では非常に有名な場面だけあって、弟橘姫命(おとたちばなひめ)に心を寄せる人は多く、そういう私もこの神話には強く心を惹かれている。この日は風も強く、海ではウサギが飛び跳ねているようなシケになっていた。まるで、神話の記述にある様な情景だった。荒れた海を、見晴らし台から眺めた時には、完全に神話の世界に惹き込まれていた。心は、1900年程前にタイムスリップした様で、頭の中は想像力が最高潮となっていた。この時ばかりは、この日の天候に、心から感謝した。

手水舎の横に、御砂倉と書かれた白砂の納められた場所がある。この白砂は走水神社に弟橘姫命(おとたちばなひめ)の社であった橘神社が合祀される以前(1883年)に、橘神社があった御所ヶ崎海岸から運んできたものだという。少量の持ち帰りが許されるということなので、謹んで小さじ一杯程を頂くことにした。

境内には明治四十三年建立、時代こそ新しいが『弟橘媛命の記念碑』があり、弟橘姫命の今際の御歌が刻まれている。

さねさしさがむのをぬにもゆるひの

ほなかにたちてとひしきみはも

勲一等昌子内親王書

こちらの記念碑にも、心を揺さぶられてしまった。 

 

境内

別宮:

弟橘媛命に殉じた侍女を祀る

水神社;

河童大明神

稲荷神社;

宇迦之御魂神

古代稲荷社後

三社;

須賀神社・神明社・諏訪神社


 

自己紹介

ガーデンデザイナー佐々木が庭創りの探求の為に訪れた神社巡りの記憶です。

風雅伝 Fu-Garden

 

神々の庭; 外部

Facebook(神々の庭ページ)

Twitter(神々の庭)

週刊:神々の庭

 

神々の庭; 検索

地図から神社検索

例祭カレンダー