神々の宿る国 日本|神社|八百万の神|神道|縁結び|パワースポット|家内安全|五穀豊穣|商売繁盛|安産祈願|金運アップ

天津司神社; 天津司の舞

■住所:山梨県甲府市小瀬町  地図

■例祭; 四月十日に近い日曜日

■天津司神社の詳細はこちら

 

 

写真
昭和40年の鈴宮諏訪神社の境内

■雑感
国の重要無形民俗文化財に指定されている天津司の舞(てんづしのまい)で有名である。ご神体である等身大の9体の人形が、顔を赤い布で覆われた姿で、天津司神社(てんずしじんじゃ)から、隣町の鈴宮諏訪神社(すずみやすわじんじゃ)まで御幸され、社殿前にて御祓いを受けた後、天津司舞が奉納される。かつては、旧暦7月19日に行われていたが、現在では4月10日直前の日曜日に執り行われている。御幸の後を、ただ付いて歩くも何故か心愉しい。桜咲く道を御幸され、舞う姿は不思議で幻想的な感覚すら覚えた。

人形の構成は、

一の御編木様(いちのおささらさま)
二の御編木様(にのおささらさま)
一の御太鼓様(いちのおたいこさま)
二の御太鼓様(にのおたいこさま)
御鼓様(おつづみさま)
御笛様(おふえさま)
御鹿島様(おかしまさま)
御姫様(おひめさま)
鬼様(おにさま)

 

 

自己紹介

ガーデンデザイナー佐々木が庭創りの探求の為に訪れた神社巡りの記憶です。

風雅伝 Fu-Garden

 

神々の庭; 外部

Facebook(神々の庭ページ)

Twitter(神々の庭)

週刊:神々の庭

 

神々の庭; 検索

地図から神社検索

例祭カレンダー