神々の宿る国 日本|神社|八百万の神|神道|縁結び|パワースポット|家内安全|五穀豊穣|商売繁盛|安産祈願|金運アップ

弓削神社(ゆげじんじゃ)

■住所: 山梨県西八代郡市川三郷町市川大門六三七三 地図

■創建; 少なくも千三百年以前

■本殿の様式; 

■例祭; 11月3日

■御祭神; 瓊々杵命(ににぎのみこと)、木花開那姫命(このはなのさくやびめのみこと)、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、大伴武日命(おおとものたけひ)

境内社; 天日鷲命(あめのひわしのみこと)、津咋見命(つくいみのみこと)

写真

■由緒沿革:
勧請年月不詳なるも延喜式所載甲斐国二十座の内の一社なる故少なくも千三百年以前の創立である。日本後記に「延歴二十四年(七八二)十二月甲斐国巨摩郡弓削神社官社に列す靈験あるをもってなり」と記載しあり、此辺は古来八代巨摩両群の境界なりし為時勢の返還と共にその所属が異動せしものの如し。景行天皇四十年皇子日本武尊、吉備武彦、大伴武日連を従へて東國を平定し還路甲斐国に至り酒折宮に駐留せられた際、靱部をもって大伴連の遠祖武日に賜ふと伝へられ大伴武日命はその後此地に駐し居館を造営し此一帯を治めた。土人その徳を慕ひ本社を創設したもので社合のユゲはユキベの約にて靱部社と云ふが如く、されば創建は遠く成務仲哀の御宇にありといへる。甲斐源氏の祖刑部三郎義清市川の郷に館してゐた際曽て本社に通夜し左の和歌を献ず「おのづから心も清しみしめ縄弓削の社の神垣のうち」明治六年郷社に列す。

■雑感

ここに白紙社があり天日鷲命(あめのひわしのみこと)を祀っている。それは阿波忌部の歴史であり、また日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰りに立ち寄ったと思われる場所。その市川三郷町が大きく変わろうとしている、それは産業用大麻の発展に掛かっている。日本のために・・・

 

忌部氏の形跡・山梨県

日本武尊の足跡・山梨県

 

自己紹介

ガーデンデザイナー佐々木が庭創りの探求の為に訪れた神社巡りの記憶です。

 

神々の庭; 外部

Facebook

Twitter

インスタグラム

 

神々の庭; 検索

地図から神社検索

例祭カレンダー